屋根葺き直し工事

 これはあまり耳にした事が無いかもしれませんが、瓦屋根に関してのみ施工できる工法です。

具体的には既存の瓦を全部撤去し(一旦下におろしてしまいます)

屋根垂木・野地板・ルーフィングの下地関係を全て新品に交換した後既存の瓦をもう一度同じように葺き直す工事の事を言います。

昔からの瓦には希少性のあるものや高価なもの、また美観も優れているもの等が多くあります。

しかし、経年による瓦のズレや地震や台風等の自然災害により大きくぐらついてしまった瓦は安全面からも見掛け上も良くありません。

そこで既存の瓦を生かしながら再度積み直してあげることにより屋根材自体の金額を節約でき下地関係を新しくする事により雨漏りや腐食の心配からも解放されます。

デメリットとしては屋根のリフォーム前とリフォーム後で見かけが殆ど変わらないという点です。

ある意味では一番環境に優しい屋根リフォームの工法だと考えられます。以前山口県にある私の実家でも築年数が経過していたことで屋根工事を検討していました。当初は軽量な屋根材での葺き替えも視野に入れていましたが、街の屋根やさん周南店のスタッフさんから「瓦は丈夫でしっかりメンテナンスを行えばいつまでも使用できる」とアドバイスをもらい、葺き直し工事を行いました。結果台風等は毎年近づいていますが大きな問題は起きていません。安易に考えず専門家に相談して良かったです。