屋根葺き替え工事

これは読んで字のごとく、既存の屋根を撤去し新しい素材の屋根に葺き替えてしまうものです。

この工事のメリットは全てが新品で新しくなる・最新の屋根材を選択する事が出来るという事です。

但し屋根葺き替え工事とはいっても、どの部分からやり直すかによって屋根葺き替え工事金額や工期が大きく変わってきます。

 

また、葺き替える屋根材によっても耐久年数や保証等大きく異なってきます。

まず全て葺き替える場合ですが、築20年以上経ってしまっている場合や既に雨漏りなどがある場合は

・屋根垂木・・・屋根を支えている骨組みの下地材

・野地板・・・屋根垂木の上に貼ってある板(コンパネ)

・ルーフィング・・・野地板の上に張る防水紙(防水シート)

所謂上記の下地材と言われるものからの全ての交換をした方が良いでしょう。

但しデメリットとしては工事金額と工期が大きくなってしまう事です。

これに対し雨漏りも無く、築浅の住宅の屋根リフォームであれは屋根材だけを交換する工事で充分に対応できると思います。

近年注目されている「金属屋根材」

地震大国の日本では、昨今金属屋根材に注目が高まっています。

金属屋根材とは、金属で出来た屋根材の事で、瓦やスレートなどと比べると軽く、家全体の重量が軽くなるメリットがあります。
また、耐久性が高く、ほぼメンテナンスフリーでも大丈夫なものもあるようです。

こうした事から、最近ではこの金属屋根材に屋根を葺き替える人が増えているようですね。
私の知り合いの屋根業者も、同じように、今は金属屋根材への葺き替えの依頼が多い、と言っていました。
屋根リフォームの会社で、街の屋根やさんというところです。)

ご興味のある方はご参考にどうぞ。