住まいをダメージから守るために、雨樋は定期的なメンテナンスが重要です!

屋根の上に降った雨水を集めて地面の排水溝へとスムーズに流すのが雨樋の役割です。ところが、強い風雨によって飛ばされてくる葉っぱや削れた瓦の粉末などが溜まってしまうと、雨樋の本来の役割が果たせなくなってしまいます。また、台風のように激しい風雨や雪などによって接続部が外れてしまったり破損してしまうこともあります。汚れや破損をそのままにしておくと、雨水が軒先から外壁にまわってしまい、建物そのものが傷んでしまうことも。また、雨水が侵入するとジメジメとした湿気が発生しやすくなります。

そんなダメージから住まいを守るためにも、定期的に雨樋のメンテナンスをおすすめします。特に集水器周辺はゴミや葉っぱなどが溜まっていないか時々チェックして、溜まっている場合はきれいに取り除いておくようにしましょう。雨樋のはずれやひびなどは、軽微な物であれば市販の補修材で修理することができますが、ひどく割れてしまったものやはずれてしまったものは専門業者に修理を依頼するようにしましょう。

普段あまり目につかないため、雨樋の不具合はつい見過ごしてしまいがちですが、長い間不具合を放置してしまうと取り返しのつかない事態になってしまう可能性もあります。大切な住まいを守るために、定期的に雨樋のメンテナンスを心掛けましょう。