防水工事

一般的なお住まいの屋根というと、いわゆる三角屋根と呼ばれる形状で勾配(傾斜)がついています。一方で世の中には平らな屋根の建物もあります。屋上がある、もしくは屋上が設けられそう(実際に屋上が設けられるかは別)な平面で、陸屋根と呼ばれるタイプです。この陸屋根には定期的なメンテナンスとして防水工事が必要です。防水工事というと、すごく大掛かりな工事のように聞こえますが、紫外線などから表面を保護するだけでしたら、トップコートを塗布するだけで済みます。イメージ的には外壁塗装や屋根塗装などの塗り替えに近いでしょう。
現在ではキューブ型のスタイリッシュな住宅も増え、これからますます陸屋根タイプのお住まいは増えることが予想されます。
この記事から、我が家は一般的な三角形タイプの屋根だから防水工事は関係ないわと思われた方もいらっしゃるかと思いますが、防水工事は陸屋根だけではなくお住まいのバルコニーやベランダなどの傾斜の無い排水性が悪くなりがちな個所には必要な工事になります。こうなると、防水工事が必要なお住まいはぐっと上がってくるのではないでしょうか?

眺めの良いルーフバルコニー雨漏りや漏水などがあり、改めて防水層を作り直すとなると、結構大掛かりな工事になります。アスファルト防水、ウレタン防水、シート防水、FRP防水と防水工事にはいろいろとありますが、どの防水方法でも積層させて防水層を作っていきます。
一般的なベランダ・バルコニー・屋上などに防水工事を行う場合、ウレタン防水工事を行う方が多いようです。メンテナンスコストの費用対効果から防水工事が多く選ばれているようですね。
しっかり防水したいという方にはFRP防水が多く選ばれているようです。どちらにしても、工事を行う際には工事担当者にしっかりと納得するまで説明してもらいたいですね。

ご存知の通り、陸屋根やベランダ、バルコニーは平らです。実際には排水のために若干の勾配が付けられていますが、それでも一般的な勾配のある屋根と較べると水切れが悪いので、防水工事は必ず必要になってきます。