軽い屋根は地震に有利!?

屋根の葺き替えとは、リフォームの一種です。屋根の表だけを補修するのではなく、丸ごと一新するという物で、表面の補修だけでは不十分などという時に行われます。屋根の葺き替えには、以下のような利点があります。

一つ目は、「耐震性が向上する」。
葺き替えの際に軽い屋根材に変えることで、耐震性を向上させられます。例えば、軽い物を持った状態で階段を上り下りしても大して影響はありませんが、重い物を持った状態だとふらついてしまいます。屋根材にも、それと同じことがいえるのです。

二つ目は、「雨漏り対策になる」。台風などが来た時、屋根が老朽化していると雨漏りも同時に起こりがちですが、これは部屋の中にも被害が出るので、屋根のリフォームだけでは済まなくなります。ですから、塗装や補修だけでは対応できそうになければ、早めに葺き替えをしておくのが安全といえます。

一方、屋根の葺き替えには難点もあります。それは、「コストがかかる」ということです。基本的に、補修工事よりも費用は高くなります。しかし、屋根材は古くなるとメンテナンスの頻度が高くなるので、何度補修をするよりは、葺き替えをしたほうがランニングコストは安くなることもあります。