棟板金交換

 

スレート(コロニアル・カラーベスト)屋根に設置されているのが棟板金です。屋根の一番高い頂点や角に取り付けられています。屋根の頂点や角の部分は風の影響を最も受けやすいところです。春一番や台風などで被害を受けやすく、剥がれて変形してしまったり、飛散してしまったり、落下してくることがあります。被害を受けた場合でも、剥がれて屋根の上に残っていればよいのですが、飛散や落下は大変危険です。棟板金自体は薄い鋼板を成型し、加工したものなのでそれほどの重さはないのですが、端の部分は鋭利ですし、変な触り方をすると皮膚が切れます。こんなのが飛んで来て人に接触したら、大変危険ですよね。まあ、棟板金が飛散するような台風の日に出歩いている人はほぼいないと思いますが。飛散や落下するときにご所有のお住まいに当たれば、確実に傷は付きますし、ご近隣に被害を与えてしまっては大変、申し訳ございません。被害が出る前に対策するのが理想です。

それなりの築年数を経た棟板金はほとんどが屋根から浮いています。また、固定している釘が緩んできていたり、抜けてきたりもします。棟板金の傷みが少なく、それを固定している貫板が健全な状態ならばビスや釘を増し打ちして浮きを戻します。色褪せなどの塗膜の劣化や錆などの傷みが出ている場合は棟板金を交換します。棟板金に傷みが出ている場合、その下の貫板も健全ではないのでこれも交換します。

工事日数も少なく、軽微な工事ですが、落下や飛散を防ぐために定期的に行わなければならないメンテナンスの一つです。