屋根の葺き替え工事を行う時の注意点

屋根から雨漏りがしていたり、屋根の劣化が目立ってきた時には屋根の葺き替え工事が必要となります。
屋根の葺き替え工事は屋根材を一新する工事のことで、既存の屋根材を取り除いたあと新しい屋根材に交換して新品の屋根にするため、耐久性も高くなりますし、耐震性も高くすることができるというメリットがあります。
屋根のメンテナンスには塗装を塗り替えるという方法もありますが、この場合屋根材の表面に塗装を行うだけですから下地である野地板や防水シートはそのままです。もし防水シートの劣化が進んでいる場合は、塗装をしてもすぐに雨漏りをしてしまう可能性もあります。
一方葺き替え工事を行えば野地板や防水シートも新しく取り替えますから屋根の機能が新しくなり家の寿命を延ばすことができるというメリットがあります。
また瓦屋根からスレート屋根、金属屋根に葺き替えることで、家の外観を大きく変えることができますし、違った印象にすることも可能です。
そのほかにも、計量の屋根材に変えることで建物への負担を少なくし耐震性を高めることにもなります。
ただ屋根の塗装や修理と比べると費用が高くなりますし、特に東京都世田谷区等住宅間の距離がない地域ですと廃材や埃の飛散によって近隣住民に迷惑をかける場合もありますから、注意が必要となります。以前世田谷区で工事を依頼した屋根業者は、工事前の近隣挨拶とメッシュシートの設置等管理が行き届いていたので安心して任せられました。気になる方はお問い合わせされてみてはいかがですか?