屋根の葺き替えをする時期の目安

屋根というのは風雨や紫外線から家を守るという大切な役割を担っています。ただ日々劣化は進んでいますから定期的にメンテナンスを行う必要があります。
もしメンテナンスを行わないまま放置してしまうと、補修工事では間に合わないほど下地が傷んでしまったり雨漏りが起こってしまい葺き替え工事が必要となる場合があります。
屋根の葺き替えは屋根の表部分を補修するだけではなく、全面的に屋根を一新する工事のことで、一部分だけを取り替える場合と、屋根全体を一新する全面屋根葺き替え工事があります。

屋根を葺き替えるメリットは、雨漏りの心配がなくなりますし、軽量な屋根材を選ぶことで耐震性をあげることができるという点があげられます。
ただ補修工事よりも費用がかかるというデメリットもあります。
屋根の葺き替え工事を行う場合、現在使用している屋根材についての知識が必要です。
スレート屋根は表面にチョーキング現象が現れたら葺き替えの時期で、一般的に20年程度が寿命となっています。
瓦屋根は瓦自体の耐用年数は30~50年程度ありますが、瓦の下地に使用されている材料はそれほど長くはありませんから、20~30年程度でメンテナンスを行う必要があります。
金属屋根は金属部分にサビが発生する前に定期的に塗装を行う必要があります。腐食やサビで金属やねに穴が開いた場合には、葺き替え工事が必要となります。